GMの思考

▼僕がGMを作った理由 ①▼

→本町にふらっと寄れる良い具合の散髪屋がなかったから。

はじめまして。GMの田中です。
僕は27歳の時に本町で起業しました。
それから12年、本町あたりでゴソゴソしてましたが、本町に限らず色んな散髪屋を渡り歩きました。
男女混合美容室、メンズ美容室、1000円カット、1600円カット、普通の理容室、友達の美容室などなど。いちいち覚えてません。
僕が飽き性で一店に通う習性が無いと言われればそれまでですが、場所×技術×使い勝手がしっくり来るお店が無かったのも事実です。

僕は散髪に深いこだわりがある方ではないです。パーマやカラーはしませんし、髪型の細かい指示もしません。「横は刈り気味で、ええ感じにやって下さい。」みたいなオーダーです。

ある時、フラッと東京のバーバーに行きました。
初めて行った店でしたがいつも通りのオーダーをしたところ、いつもとほんの少し違う髪型に着地しました。その具合がとても良く、2週間経ってもスタイリングしやすくてまた行きたいなーと思ってました。
スタイリストと自分の相性が良かったのもあるでしょうが、その店全体から「どーってことないオッサンを多少でも男前にしてやろう」という気概を感じました。

しかし、東京×上手いけど×予約せなあかん、という高いハードルが僕の再来を許しませんでした。
良い店<面倒くさい ですね。散髪に関しては。

そんな経緯で、ええ感じのバーバーが近くにあったら嬉しいなぁという思いをGMで具現化しました。

「いつもより少し男前になって頂きたい。」
ここを徹底的に突き詰めるお店でありたいです。